流産して初の病院

さて、先生と電話でお話した翌日に病院に向かいました。
ちなみに掛かったのは
Palo Alto Medical Foundation
にいらっしゃる井上先生。

アメリカの病院は初だし、
しかも、流産で掛かったから色々緊張しました。

初診なので問診票に書く事も多いだろうから早めに到着して記載。
英語でしかも医療用語なので夫婦で携帯で検索しながらの記載。

そして、ナースの方?に呼ばれて体重と身長を計測。
体重は洋服着たままの靴も履いたままなのでかなりアバウト。
身長も自己申告でした。

で夫婦で個室にりナースが血圧図ったり、質問された内容(英語で)を応えて待機。
そして、程なくして先生がお見えになりました。
評判通りの丁寧な先生でした。
アメリカで勤務されてるからアメリカナイズされてるのかな?とちょっと不安にも感じたんですが
全然心配なかった。

で早速、エコーで腹部からと下からと両方見たんですがもう胎嚢も何もない綺麗な状態と言われる。
そして、1%の確率で子宮外妊娠してる心配もあるから血液検査することに。

血液検査は産婦人科がある3Fのフロアーから1つ下りた2Fに血液取る場所がありそこで3本位取られたのかな。
で当日には結果が出て先生から電話で報告を受けました。
妊娠してる数値が500で数値は低いから可能性は少ないけど経過を見たいから3日後にまた血液検査してくださいと言われました。

そして、3日後に直接血液取る場所に行き1本取られる。
翌日に先生からまた電話が入り100近くに下がってるから子宮外妊娠の心配ももう問題ないでしょうとのこと。
で最後に最終チェックしたいから1~2週間後にまた診察に来てくださいと言われ1週間後に伺いました。

ちなみに流産から出血は1週間ほど続きました。
下腹部の痛みは3~4日程あったかな。
ロキソニンSを飲んだのは2日間位でその後は我慢できる位の痛みになってました。

最後の診察では触診で腹部と子宮口が閉まっているか確認。
あとは質問したり先生の話を聞いたりして終了となりました。
ちなみに、質問した内容と先生のお話は以下の通りでした。

・流産は妊婦さんが無理したからとかでなる事ではなくよく起こる事なので気にしない事。
・次の生理は流産の日から1ヶ月~2ヶ月の間に来るのでもし2ヶ月経っても来ないようだったら連絡。
・次の妊娠は次の生理が来てからする事。それまでは避妊するようにと。
・プールや運動も普段通りにしてOK。
・葉酸は取り続けてくださいとのこと。
・次に妊娠した際に不安であれば早めに診察に来てくださいとのこと。
 胎嚢が見えるのが6~7週でもう見えるのでその頃が良い。(と言ってたけど実際は先生の予約取れずらいんですよね。。。)
 その前でも血液検査で妊娠の反応は見えるので事前に相談して初診の前の血液検査がOKとのことでした。

そんな感じだったかな?
ひとまず今回、病院にもかかり先生とのコミュニケーションも取れたから次の妊娠の際はすんなりに進めると思う。

[PR]
by mily-tokyo | 2015-08-05 03:06 | 妊娠→流産

カルフォルニア・ベイエリアで過ごす駐在妻の日々徒然です^^


by mily