駐在の引っ越し

無事に日本に戻りました!
ちょうど先週の日曜に日本に到着したので、1週間たったことになりますね。
さて、帰国前までのブログを最後に書き留めておきたいと思います。

引っ越しは、サンノゼを発つ前日に行いました。
航空便・船便・後任者へ引き継ぎと3つの荷物になりました。

航空便は段ボール大で3箱。
船便は68個。
となりました。
家具類は、一部は後任者へ、一部は日本へ。
あと、当日にスーツケース5個を持ち込みしました。

航空便は、10~15日で届くとの事で、今現在まだ届いてません。
入れたものは、炊飯器やコーヒーメーカー、キッチングッズ、食器類です。
スーツケースに入れたものは、夫のスーツ・カバン・Yシャツ・靴、私服や下着類・洗面用具・一部中途半端に残ってた食品です。

引っ越し当日は、日本人の方1名と、メキシカンの方が5名位来たのかな。
手分けして梱包して、持ちだしてくれました。
時間にすると3時間程で終了。

最後に、梱包明細書に保険金額を記入します。
金額以外の箇所は、業者さんが記載してくれたのでラクでした。
金額ですが、業者さんに言われたのが、償却額ではなく新規で購入した場合の金額を記載してくださいとの事でした。
また、日本入国時に提出する税関申告書は2枚記載するとの事。
1枚は税関職員へ、2枚目は別送品申告書として成田の指定されて宅配業者さんへお渡ししました。

2人だったので荷物は少ない方だと、業者さんには言われましたが自分たちにとっては多いと感じる量ですね。
また、夫が赴任前にトランクルームに預けた荷物もあるので、また増えます。
日本の住宅にすべて収まるのか不安になる。
本当はベットやクローゼットも持ち帰りたかったのですが、部屋に収まる自信がなかったので後任者の方へ譲りました。

そんな感じで、駐在の引っ越しは無事に終了。

[PR]
Commented by etigoya13-3 at 2017-06-04 12:52
お疲れ様でした。
海外からの引越しは日本国内の引越しとはまた違う疲れがありますね。
家具も持ち帰られたのですね。
我が家はもともとソ連時代から駐在している人が代々使っていたもので、現地購入品がないこともあり全て置いてきたのに荷物の個数すごいものに。苦笑
ロシアの郵便局って決まった箱でないと小包は受けつけないなんて突っぱねられるなかの発送だったため、途中まで箱が小さいのが原因ですが、日本で開梱作業が大変でした。
これからは日本でのまた新たな生活楽しんでくださいね。
Commented by mily-tokyo at 2017-06-05 11:24
> etigoya13-3さん
確かに、国内移動より海外の引っ越しの方が色々考えなきゃいけない事が多くて疲れました。。。
ロシアでは決まった箱以外は受け付けてもらえないんですね!!それは大変でしたね。。。
日本での開梱作業も大変ですよね。我が家は、越後屋さんのところに比べたら箱数が少ないと思いますが、これから1ヶ月半後に届く船便の荷物が届くのが今から怖いです。。。箱を搬入する部屋のスペースも確保しておかないとですね。
by mily-tokyo | 2017-06-04 12:00 | 本帰国前あれこれ | Comments(2)

カルフォルニア・ベイエリアで過ごす駐在妻の日々徒然です^^


by mily